働き方解説 学童保育に入るには

共働きの夫婦に必須とも言える小学生の子供の学童保育は、入ることのできるさまざまな条件をクリアしていく必要があります。重要なポイントを抑えることで、格段に入れる可能性が高くなります。子供を預けることができるようになれば、働き方も幅が広がりますので収入を安定化することに繋げられます。これからの時代において、子どもの教育費は多額となる一方ですが、収入は増加するかどうかが不透明な状況です。なるべく共働きの状態を長く続け、収入源を確保することがベストな選択であるといえるでしょう。働き方の違いによって入れるか否かが変わってくることもあります。できるだけ入ることが認められるようにするためには、両親の就業状況をしっかりと伝えておくということが求められます。

多くの場合は抽選になる可能性がある

少子化の影響によって、学校の建物の中にも空き教室が増えてきています。その空き教室を学童保育として運用している自治体の場合には、学校から直接通えるというメリットのために高い人気があります。その影響で、人口の多い都市部の場合には入所希望をする場合に抽選となる場合があります。入所する資格を有して希望する人が抽選に臨めるというシステムの場合は、運が左右する場合もありますが、定員に達していないために随時募集を行っている地域であれば比較的すんなりと入れる場合もあります。まずは両親が就業していることが条件ですが、抽選となりそうな場合についてはあらかじめ担当している市町村などの自治体に問い合わせておくことがおすすめです。自治体によっては特別な事情として考慮をしてくれる場合がありますし、先着順という場合もあります。また、空きが出た場合に優先的に連絡をもらえる可能性も高くなります。

地域とのネットワークを密にしておく

多くの学童保育の施設は、学校およびその近隣に存在しています。入学と同時に預けたいということで入学式の直前に申込みに行くと、既に定員となっており断られてしまうというケースも少なくありません。自治体による運営である場合には、積極的な宣伝活動がされていない場合がありますので、地域の広報に目を通すこと、市役所など公的な施設の相談窓口を活用すること、同世代のお子さんを持つ方との交流を持つことなどが有効です。また、既に学校に通っている場合には学校の先生に相談して学童保育への入所を希望していることを伝えてみるのも良いでしょう。基本的には別団体のために直接の交渉とはなりませんが、担任の先生から教育委員会を通して連絡が行き、その後の選考で考慮してもらえる可能性もあります。