こうやってわが子を学童に入れる

「小1の壁」という言葉があります。最近は共稼ぎの家が多く、幼稚園はガラガラで保育園はどこも満杯という状態です。無事、保育園に入れることができたら夜まで預かってもらえるので安心してお母さんも仕事に専念できるでしょう。ただ数年後には保育園を卒業して小学校に入学しなければなりません。小学生になったといっても低学年だとまだまだ子供。一人で自宅に待機させるのは危険だし、学校が預かってくれるのは3時ごろまで。PTAの仕事に選ばれてしまったらそちらも忙しくなります。これを機会に退職に追い込まれるお母さんも少なくはないのです。でも塾や習い事など子供費がかかってくるのはこの後です。保育園時代を乗り越えながらやめてしまうのはもったいないことです。それを救ってくれるのが学童保育の存在です。

学童保育を利用するための方法や費用

共稼ぎ家庭が多い現代、学童だって希望者が殺到しています。そんな中、小学1年生になったからといって自動的に入れるわけではありません。入所基準があり、母親の就労状況によって優先順位が決められるのです。特に都心部では待機児童も数多くいます。ここでまた競争が起こるのです。入れた場合の費用ですが、公立だと月3000円から7000円、民間だと1万円前後が主流です。低学年だとお菓子代がかかることもありますし、土日や夏休みだとオプション料金が取られることも。入れなかった場合のことや費用のことも考えて、正社員から一時的にパート勤務に変えるなど対応方法は考えておいた方がよいでしょう。シングルマザーの場合は働かざるを得ず、入れる順位も高くなるはずです。さらに、就学援助の申込をすることで費用も割引されることがあります。

子供の心のケアも必要となります

お友達は家に帰っていく中で自分は学童という知らない環境に入っていくというのは子供にとって不安なことです。小学校生活が始まった頃は大人も子供も忙しいでしょうが、わが子のことを気にかけてやりましょう。宿題を見てくれることはありません。もしもそれもお願いするとなると別途費用が発生します。大勢の子供たちがいる中でわが子だけを優先的に見てくれるわけでもありません。家に帰った後にどんな過ごし方をしたか聞いてやったり、宿題を見てあげたりしましょう。働くことも大切ですが、子供のことも大切です。ただ、安易に仕事をやめるのは待ってください。環境に慣れていなかっただけで、ある程度の期間が過ぎるとお友達もできて楽しく通うようになるかもしれないのです。「壁」をうまく乗り越えるには親子の絆やよく調べることが必要です。